ソロキャンプなら デイキャンプから始めよう 必須ギアはこちら

趣味

きのうの続きです今日も、アウトドアについてお話をしてまいりたいと思います

いまからお伝えする内容はおしゃれにソロキャンプを始めたい初心者の方向けのお話となります。
あくまで、私の好みの話となりますが。それでも読んでみようと思う方は読み進めてみてくださいね。

ではさっそく参りましょう!

スポンサーリンク

ソロキャンプで、どんな過ごし方をしたいのか?考える 想定する

昨日もお話しました通り、アウトドア用品は以前よりお安くなったものの、アイテム数が多いため、金額は馬鹿になりません。ただし、ケチったがために結局気分が上がらない。。。
なんてことは日常で着るお洋服でもよくありますよね。あれと同じです。

よって、初心者の方は購入する前に、自分がアウトドアのなかでどう過ごしたいのか?イメージしていただきたいのです。それがはっきりしてくると、何にこだわるべきか?どのアイテムにお金をかけるべきか?どれは妥協していいのか?自分で判断できるようになります。

たとえば、次のようなイメージだと今回は想定します。

自宅からリュックひとつでデイキャンプに
さらりと出かけるかっこいい自分


こんな感じでしょうか?(笑) まぁ、想定として… 

初心者の方には、デイキャンプを何度も経験していただきたいのは事実です。テント泊はもうすこし後にするとしてこんな感じで出かけるイメージだとします。

そうなると、自宅からキャンプ用品を一式入れられる十分な容量のリュックが必要ですね。できれば、長く使えてお気に入りのものを購入したいものです。

続いてのイメージですが、こんなイメージはいかがでしょうか?

無骨でシンプルなギアとともに
自然を受け入れる自分

ハハハ! 書いてて笑えてきました(笑)でも、なんとなくわかる気がしませんか?つまりこんな感じ…
「ヒロシです」

あれ、ソロキャンプなのに誰かの足、映ってる!

つまり、いろいろ持って行かないという自分ということになりそうです。

ここで、私からご提案。

①食べ物はコーヒーとカップヌードルを自宅から持参
②無骨さを演出するため、エッジのきいたタープを用意
③チェアは、深く座れ腰が痛くならないものを用意
④焚火台は小さい折り畳み式を用意
⑤マグや給水容器、ケトルはおしゃれと シンプルさを重視
⑥ミニテーブルはシンプルかつ、折り畳み式を用意
⑦リュックはトレッキングでも活躍できる40リットル

こんな感じです。
どうですか?なんだかイメージできましたか?
ちなみに私が①から⑦のなかで重視するポイントは②③⑦です。

理由は圧倒的に長持ちすべきアイテムだからです。そのほかの④⑤⑥は劣化や好みの変化があるので、TAKEはお金はかけません。

ということで、勝手にこれまでのイメージをもとに、妄想買い物してみました!それがこれです。

Karrimorの40リットルリュックが7920円という恐ろしいほど安い価格でビビりましたが、あくまで妄想。購入するとこのくらいの金額になります。我ながらいいセレクトだと思っていますが(笑)

いずれにせよ、昨日もお話申し上げました通りアウトドアブームが一過性にならないようにこんな風に、いろいろ妄想しながらアイテムを決めてみてくださいね。どんどんアイテムが増えていくと、登山にも汎用がききますので、そこがうれしい所です。

上記でご紹介しました商品は以下のサイトから確認できます。気になる方は覗いてみてください。

テントや焚火台などの人気商品を多数取り扱い中!アウトドアグッズを探すならサンデーマウンテンで!

今日も最後まで読んでいただきまして誠にありがとうございます。自分に見合った趣味を見つけて
毎日を楽しく暮らしましょうね!

おやすみなさーい。

                              2021年1月18日 TAKE

コメント

タイトルとURLをコピーしました